Kotobanoyukue

自分が何者か忘れぬように

やはり離婚したいのだ

窓際族で仕事暇で勝ち組だったのに俄かに仕事が忙しくなってきて、鬱。仕事が暇な分、離婚活動していた。カウンセラー、友人、家族に日がな相談していた。家族には「自分でなんとかしろ」と言われた。家族にとって私は厄介なヤク中みたいなもんで、定期的に夫に殴られたとか、給料入れてくれないとか、女がいるとか、泣きながら電話するので、すでにウザがられているというか飽きられている笑。さっさと別れて自分でケツ拭けと言われる。親は持ち家プラスアパート一棟、マンション2軒持ってるのに帰って来いとは絶対的いわない。じゃ、金くれ!と、クズ娘っぷりを発揮する私。姉二人が家を建てるとき、ほとんどお金出したんだから、私にもくれと、なりふり構わないクズ娘。渋々翌日100万振り込んでくれた。100万ぽっちじゃ夜逃げぐらいしかできない。現金もふんだんにあるくせにケチだ。

私の親はある意味、子供の自立心を促す立派な親だと思う。でも私はアラフォーになっても自立心乏しく大人になりきれてないので、たぶんやり方としては合ってないんだと思う。クソ旦那と別れられない私が、死んだ目でグルグル同じ場所で回っている上野動物園の白熊みたいに見えているんだろう。無知、無力、愚か。

今日娘のヴァイオリン教室の懇親会だった。とても素面ではいけないので精神安定剤を飲みながら、ワインをガブ飲みして平常心を保つ。娘はうれしそうにお姉様方と談笑。わたしにこの生活レベルを提供できない不安が押し寄せる。ごめん娘。私と2人になったら、やめてもらうよ。まったく生活を変えてしまうよ。でも私はそろばんを弾き、離婚後の生活を考える。恥もない外聞もなく金をもらうとこからもらって娘を育ててやる。