Kotobanoyukue

自分が何者か忘れぬように

mcバトル 観戦記1

f:id:kotobanoyukue:20171018014925j:plain

UMB東京予選2017@恵比寿リキッドルームに行ってきた。一人女でMCバトルを初観戦してきたので記録しておく


私はニワカのフリースタイルファンで、周回遅れも甚だしいのだか、夜な夜な、UMBや戦極のDVDを見ている。日に日に「会場で『うえーい』したい」「バトルを生で見たい」という欲望がつのるものの「若い子ばかりだろうな」「音源も大して知らないキッズ?てかオバさんが、一人観戦ってヤバいでしょ…」という自意識が勝っていた。

私はもともとクラブ遊びが好きだけど、子どもを産んでから1度しか行っていない(しかも昼イベント)。あとは子供を連れての代々木のフリーイベントくらい。その理由に「クラブは、ニワカ、太っている人は行ってはいけない」というレペゼン田舎者らしい信条があったからだ。また、夜遊びという“現場”から長年離れてる自分がノコノコいって、シーンが壊してはならないという真面目な気持ちもあった。クラブとライブハウスで行われるMCバトルは別物かもしれないが、とにかくいろんな意味で「浮く」のはツライと思った。

しかし最近読んだ、湯山玲子「四十路越え」で、湯山さんが39歳にしてクラブデューを果たしたことに触発され、「よし行こう!」という気になった。興味本位の枠を超え、しっかり「クラブカルチャー論」の本まで出している湯山さんのような先駆者がいることに励まされたのだ。やりたいことやればいいかなって。私は彼女のような音楽の基礎教養はないし、文章もうまくないけれど、「私でも大丈夫だったよ!」というレポができればと思う。

恵比寿駅は冷たい雨がぽつぽつ降っていた。会場の時間まであと5分だが、恵比寿横町を通り過ぎることはできず、レモンサワーを2杯飲んで会場に向かった。チケットとワンドリンクのお金を払い、1時間遅れでいざ入場。

たしかに会場にいる子は若い。若いけど違和感。思ったより、キャッキャしていないのだ。ヒップホップシーン特有のものかも知れないけど、moel53 みたいなすさんでいる陰キャ系が多い印象。田舎でチアリーディングやっている私の姪っ子のほうが100倍弾けている。

<ラウンジで見た人たち>
・キャップ、ラージサイズのパーカー、腰ばきジーンズの20歳前後男子。
・ラウンジ中央で立ち話をする、いかにもなクリエイター系の30~40代集団(よく見たらMC正社員と八文字の姿も)
・大学院生っぽいふっつーのカップル。女子はボブ、白ニット黒スカートで、ポシェット。男はジーンズネルシャツ、メガネ。
・上下ジャージ姿の茶髪のやんちゃ系男子集団。電車乗り継いできた感じ。
・パーカーに薄汚いジーンズ、負のオーラを放つ低身長陰キャ系Bboy(実はバトラーだったりする)
・男女混合で来て、ソファを陣取るリア充っぽい大学生たち。

うん、大丈夫!思ったよりオラオラしてる人も、バーバルみたいなオシャレパーティーピープルもいない! 安心した私はバーカウンターでビールをゲットし、総当たり表を眺めて人気MCの出番を確認しつつ、そそくさと会場に向かった。

続く