Kotobanoyukue

自分が何者か忘れぬように

初めて痩身エステをした話

先日、ホットペッパーの安いクーポンを使って、生まれて初めて本格的痩身エステ体験した。結果的にとても良かったので、肥満が気になる人にはぜひおすすめしたい。

自意識な私は、そもそも人に体を見られるのが苦手。同性と温泉に入れないタイプ。だけど、日常的に体調が悪いので、人に体をケアしてもらうことに抵抗がなくなってきた。鍼灸、足ツボ、リラクゼーションエステ(背面)は定期的にいく。ただ腹肉を見せることだけは死守していた。

でもウエストが太いと服が似合わない。ハイウエストのタイトスカートでシャツをインしたい。走ってもヨガしてもファスティングしても、腹の脂肪だけは取れなくて、ついにマシン系痩身エステの門を叩いた。

エステやマッサージ店はたいていそうだが、痩身エステ店も、汚い雑居ビルだった。エレベータに乗り合わせた南米系のお兄さんにビビリながら、がっこんがっこん鳴るエレベーターにのりこんだ。出迎えた担当者はハイテンションだった。美容系の店はたいてい、みんなハイテンションだ。

個人情報を紙に書かされ、いざ施術!の前に、体重測定と写真撮影(紙パンツ・紙ブラ着用)があるという。体重測定はギリギリ可だけど、下着姿の写真とかマジ無理!と思ったが、初回クーポン野郎かつ、アラフォーにもなって恥じらう姿を見せるのが恥で了承した。犯罪者のように正面、側面、背面とバシバシ写真を撮られる。「施術後お見せしますね♪」と。

施術中しゃべり続ける店員。あれこれマシンで全身をこねくり回され終了。再び体重測定。体重0.2kg減、体脂肪0.5%マイナス(笑)。「体のラインが変わってます!」と店員さんに励まされ、今回のメインイベント写真公開が近づく。

「こちらが○○さんのお写真となります」。雑食好きの男性でも、全力で萎えそうな写真が3枚。雑誌によく見る痩身ビフォーアフターのビフォーがそこにあった。

ポーカーフェイスを装おうものの「脳内まあまあイケてる自分像」が音を立てて崩れる。「現実を見ることがスタートなんですよ!」真っ向から正論をぶつける店員。その後、長々とチケットの紹介があったが、私は半ば放心状態で、もちろん契約はせず、エステ店をあとにした。ちなみに40万のプラン勧められたw  
痩身エステ店、いろいろな意味でドSな場所だ。

自転車に乗り込み、家に向かいながら思った。「きれいになりたい」という気持ちより「きれいは思ったより遠いな」と。たかだか数千円でいい体験させてもらいました。