Kotobanoyukue

自分が何者か忘れぬように

金縛り体質からの明晰夢、そして死後の世界

 

わかりやすい!絵で見る「死後体験」

わかりやすい!絵で見る「死後体験」

 

 私は最近、学生の頃買ったこの本を最近読み直している。死んだらどこにいくのか、私は昔から関心がある。

死に関心を持ったきっかけ

私が「死のような体験」をしたのは、高熱を出した3~4歳の頃。なぜか一人で縁側のある和室で寝かされていた。壁には、妙に照りのあって生々しいウミガメのはく製。天井は人間の目のような木目があって、私はそれが怖くて仕方なかった。たぶんのどが渇いていたとか、不安な気持ちがあったかとかで、私は母親を求めていた。しかししばらくたっても母が来る様子がないので、私は起き上がり古い日本家屋の長廊下を歩きながら母親を探した。しかし、歩いても歩いても母親のいるであろう居間にはたどり着かない。そしてなぜか廊下の床が赤茶色のマーブル模様でぐにゃぐにゃしていた。私は廊下をはいずるように移動する、寝室に戻るを繰り返した。その翌日、私はおねしょをしていた。今思えば、あれは金縛りだとか、幽体離脱の一種だった気がする。

思春期の不思議体験

ありきたりだが、私は思春期の頃から、よく金縛りにあって幻覚(夢)を見た。今でもはっきりと覚えているのが、中1の夏休みのとき。姉の部屋で昼寝をしていた私の耳に急に、仏具がチンチン鳴る音と僧侶の経を唱える声がわんわん頭の中で鳴り出した。金縛りにあったのだ。「こわい!やばい!解きたい!」と、やっと思いで目を開けると、後姿のスーツを着た男が目の前に立っていた。そしてこちらをゆっくり振り向きながら「ようこそ」みたいに、私に向かって手を広げた。その男は、なんと首から上がなかった。全身が恐怖に支配され「殺される!」と、思った瞬間、金縛りが解け、本当に目を覚ました。その後、成人してもよく金縛りにあったが「はいはい、幻覚乙」みたいな感じで、スルーすることを覚えた。

そして明晰夢にはまる

大学生~新社会人の頃にかけて、私は金縛り体質を逆手にとった「明晰夢」にはまりだした。明晰夢とは、自分で夢であることを自覚しながら、思い通りに行動することである。金縛りにあうと、自分の頭に浮かんだことが実現することに気づいたからだ。思春期の頃は金縛りを恐怖を感じていたので、それらがお経や、首なし男、体にのしかかられる、といった体験として現れた。でもいつのしか、それらは自分の頭で作り出したことに気づいたのだ。「あいつは来る!」と思えばくる。「呻き声をあげる!」と思ったらうめき声が聞こえる。私の想念がカタチになってただ現れているだけ。そしていつしか、金縛りにあった私は「これはチャンス」とばかり、「ザ・タッチ」の「ゆうたいりだつ~」よろしく、体を抜け出し(成功率は低い)、空を飛ぶことを覚えた。しかし、明晰夢ビギナーの私は、「想念」が足りず、低空しか飛べない。まさにドラゴンボール孫悟空状態。空を飛ぶイメージが強くないと、高く上がれず、地面に落ちそうになるのだ。でも調子のいい時は、夜のビル群を眺めながらフライングを飛んだ。もちろん、助べえな私は明晰夢をいやらしい妄想にも利用した。でも、挿入までいっても、最後まではイケない。イクことに執着して「あかん時間がない!」と、焦りだすと、必ず目が覚めた。私はここを極めれば、これから開発が進むであろうVRエロなんてぴょーんと超越すると思っている。そのうち、私は睡眠薬ユーザーになったので、眠りが深くなり、明晰夢から遠ざかっている。

で、私の考える死とは

私は今、自分が死んだら、きっとこの明晰夢に似た状態が続くのだろうと考えている。私のような欲深く執着の強い人間は、いわゆる「いいところ」には行けず、‘何か’に囚われ続け現実世界と近い四次元をさまよっているだろう。低空飛行を飛びながら、薄い頭で気持ち良く生きる方法を模索しているのだろうと思う(今と変わらんやん…ってゆう)。

漫画家の山岸良子は「自覚のない死人」「執着が強くてこの世とあの世の世界をさまよう死人」を描く達人である。死の世界に関心がある人は、これらの作品を読んでほしい。

 

・「化野(あだし)の…」(単行本「ブルー・ロージス」

・「時じくの香の木の実」(単行本「夜叉御前

・「朱雀門(単行本「天人唐草

・「着道楽」(単行本「鬼」)

 

彼女の作品はほぼすべて読んでいるので、時間があるときに解説を書きたい。