Kotobanoyukue

自分が何者か忘れぬように

親の恋愛(浮気)は嫌かどうか

今日松田龍平太田莉菜が離婚秒読みだという報道が出た。しかも奥さんのほうに新しい男ができて7歳の娘を姑に預けて出てったという。ふう。下世話な話で興奮する。彼女がどんな人か知らないが、画像を見ただけでも、コケティッシュで垢抜けてて、モテオーラ全開なことがわかる。ネットでは奥さんが叩かれていたが、こういう人が恋愛しなかったら、誰が恋愛するというのだろう。そういえば、森田剛宮沢りえが温泉で旅行をしてたという報道が出たときも、「子供はどうした!」と、宮沢りえだけが叩かれていた。お互い独身なのに。宮沢りえが男に抱かれなくて、あの美しさが維持できるわけない。実際のところ、本当に娘は傷ついているのだろうか。そもそも親が恋愛すると、子供はかわいそうなのだろうか。私は違うと思う。

私の父親はよく浮気していた。子供時代、そんな父を「けがらわしい!」とも、母を「かわいそう!」とも思わなかった。「どっちもどっちやろ」とだけ、思っていた。普段がいいお父さんだったら、憎んだり悲しんだりしたのだろうか。うちの親は夫婦仲が険悪だったし、お互いが歩み寄る努力が全く見えなかった。子供にも分かる。「お父さんとお母さんは努力が足りない、消化試合(私の育児が終わるまで)をこなすだけみたいな毎日。クソみたいな夫婦だな」と。お母さんはいつも不機嫌で、お父さんは外ではチヤホヤされるから、いつも外ばかり見ていた。私はそんな母がうっとうしく、父のことを尊敬できなかった。

私は両親が家族のために夫婦を再建する努力を見たことがない。子供の心を傷つけるのはまさにこれ。子供は「親の恋愛(浮気)」よりも、家族円満を成就する努力を放棄している姿を見せられると、本当に根深く傷つく。父が浮気したら、母には怒り狂ってほしかった。浮気がバレた父は、慌ててほしかった。ぶつかり合ってほしかった。できれば仲直りしてほしかった。再建は無理だと見こんだら即別れてほしかった。私に甘えて、露骨に夫婦仲が悪いところを見せないでほしかった。生き方を見せてほしい。私のせいにしないでほしい。(でも私も、この ‘親のせいにする’ 世界観からいつか抜け出さなければならない)

要は、親がきちんと子供に愛情をかけていたら、子供にとって「親の浮気や恋愛」「離婚」なぞ、たいした問題ではないのだ。だから太田莉奈や宮沢りえが「母親として落伍者」なのかどうかは子供にしかわからない。ただm芸能界ウォッチャーの私がいうのもなんだが、外野がぐだぐだ倫理観を押し付けるのは大きなお世話だと思う。