読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kotobanoyukue

自分が何者か忘れぬように

【日常】酒を飲むと死にたくなる

昨日は、子供の習い事のママ友と飲み会だった。ママ友たちはとても常識的で知性的で私よりはるかに「ちゃんとしている」人たち(に見える)。私の底意地の悪さや劣等感の深さ、男好きさ加減、だらしなさ、喫煙者であること、精神薬を常用していることetcなどを知ったら即、私のもとを去っていくような気がする。友達なら去られてもかまわないんだけど、子供がからんでいるので私は良識のある母でいなきゃいけない。だから酒を絡んだ付き合いは避けるのがベターなのに、気が緩んで飲み過ぎた。

 

失言や皮肉が多い私は、日常的に西遊記孫悟空のように、自ら頭にわっかをつけて、「いらぬことをいわぬよう」に生きている。しかし、酒を飲むとこのわっかの存在を忘れ、くだらない人間性がむき出しになる。相手を身踏みするような下品な質問をしたり、逆に不自然なヨイショをして、その場の空気がしらけたり。酔いがさめてくると、時間差で頭の輪にキリキリと頭を締め付けられ、のたうちまわることになる。

 

昨夜もそうだった。調子に乗って話し過ぎた私は、帰宅してすぐに寝るも、午前2時に目が覚めた。このときすでに躁と鬱が入れ替わり、「死にたい~死にたい~死にたい」と、声を上げた(子供にみられなくてよかった)。とりあえず、ヘパリーゼとハイチオールと、胃腸薬と安定剤を飲み、タバコに火をつけた。そして、ipadで「酒 死にたくなる」のキーワードで検索し、同じような人間を探して一瞬の救いを求めた。それでも私の心は落ち着かない。ふと傍らで寝ている子供と夫の寝顔を見て「私が死んでもなんとかなるかな」と思った。いや、違う、私が自殺したら子供はメンヘラになるだろう。将来、つまらぬ男に寂しさを埋めてもらおうとして、恋愛依存になり、あげく(母親が自殺するようなワケあり女は)男に大切にされないだろう。こんなダメダメダメダメ母ちゃんでも、今死ぬわけにはいかない。「死ぬ(ご褒美)」には子供の情緒が安定する成人までお預けだ…。そんなことを考えながら、夜明け頃、中長期型の睡眠導入剤で眠ることができた。

 

飲酒からのパニック状態は、年に1回程度ある(今年は初やね)。これは学生の頃からだ。このパニックの正体は、潜在的に私がゆるーく「死にたい」と思っていることが、アルコールによって表面化しているからだけと考える。アルコールが入らなければ、ここまでひどく動揺することも乱れることもない。

 

私と「希死念慮」の付き合いは長い。私は中学生のころから「こんな邪悪な自分は、会社勤めなんて務まらないであろう」「生きるのって大変そうだから、自分の存在自体を消したい」と思っていた。こんな私は今、会社勤めどころか、子供までこさえてしまい、高コミュスキルが必須の「ママ友」付き合い&ご近所づきあい(夫が地元密着型の店で働いている)をこなさなければならない。家事もロクにしない(できない)くせに、最近はオンラインで通信教育を始めた。自分のキャパ以上のことばかりに手を出して、私はいつも苦しむ羽目になる。今日は長めの瞑想の時間を取ろう。そして最近、さぼり気味になっている、手作り野菜ジュースとジョギングも再開しよう。失敗した禁煙もしよう。ソフト面も大事だけど、まずはおろそかになっているハード面から見直そう。