読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kotobanoyukue

自分が何者か忘れぬように

アニメ「クッキングパパ」の新しさ

Amazon Fire TVで「美味しんぼ」が見終わったので、最近「クッキングパパ」を見始めた。なんと1985年から連載が始まり、今も連載中という長寿漫画。アニメは92年に放送されたという。当時小学生だった私は、ファミリーアニメが苦手なのに加え、博多が舞台と…

ウェアラブルEXPO 2017の感想

備忘録。今年の1月にウェアラブルEXPOに行った。最新のウェアラブル端末から、IoT、AR/VR技術、最新ウェアラブルデバイス開発のための部品・材料など、ウェアラブルに関する商品をみることができた。私はメカにはめっぽう弱いのだが、それでも感じることが…

30過ぎたら年下の友達が増えた

もともと私は年上の友達が多かった。年が離れた兄姉をもつ末っ子のせいか、根っから甘えた(依存体質)なのである。切り分けたケーキは、自分が一番大きいのをもらって当然というメンタリティである。また思ったことをすぐに口に出すので、同学年の反感を買…

スメルハラスメントとセックスレスの相関性

会社に何人かワキガがいる。その人間の半径1.5メートルくらいは腐海のごとく瘴気に満ちている。私は息を止め「南無三!」と通り過ぎる。私は結婚前はよくクラブに行ったが、クラブは基本的に汗をかく場所かつ外国人が多いので、度々ワキガ野郎と遭遇する。機…

「祈ります」とかいってる安倍昭恵氏はずるい

騒動になる前から安部昭恵の奔放っぷりに驚いてた。「総理夫人が、こんなとこ顔出す!?」(思想的なものも含め)という超マイナーな講演に顔を出していたことを私は知っている(三宅洋平関係ではなく)。彼女はあくまで私人として人と人をつなぐのが自分の…

30代初見の「トレインスポッティング」の感想

30代初見の「トレインスポッティング」の感想 私は思春期の頃、この類のオサレムービー(「時計仕掛けのオレンジ」とか)にアレルギー反応を起こす質だった。当時は若気の至りで、似非サブカル野郎叩きに熱中していたのだ。「似非」を暴くことに必死で、ほこ…

マネージャー職を目指す、真面目人間に告ぐ

不真面目なやつを使え! 不真面目な私は、真面目な人が私は嫌いだ。なぜなら真面目な人は、「他者依存」の人が多いのだ。自分がどう思うかより「人に良く思われたい」「人に嫌われたくない」という考えが一番にくるため、「良く思われたい対象(たとえば上司…

金縛り体質からの明晰夢、そして死後の世界

わかりやすい!絵で見る「死後体験」 作者: 坂本政道 出版社/メーカー: ハート出版 発売日: 2005/08/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 私は最近、学生の頃買ったこの本を最近読み直している。死んだらどこにいくのか、私は昔から関心が…

人生のあきらめどころはいつか。

年を取るということは、何は自分はできて何が自分はできないかということを精査する能力が付くということだと思う。私は30代の今、これの精査ができない。あらゆることが自分の手に届きそうな気持ちでいる。 私は今日、田舎の友人と久しぶりに長電話した。彼…

鴻池元大臣の老害臭には寒気がする

森友学園の問題で、鴻池元大臣がテレビにちょくちょく出ている。森友学園の理事長が、この議員に土地を安く貸してほしいと働きかけたという話。この問題はともかく、この鴻池とかいうおっさんの芝居がかった会見に寒気がした。まだこんな昭和脳なおっさんが…

東京マラソンっていいよ

日曜は家族で東京マラソンを見た。毎年欠かさず見ているけれど、東京マラソンのおかげで私は走る趣味を見つけた。びゅんびゅん走っているランナーがカッコよかったからだ。肉体と精神を鍛錬させている人は素敵だ。それと、フルマラソンに参加している人から…

恋は遠い日の花火でよいのだ

いい年して「恋がしたい」というと、世間からアホだと思われる(ということを私は知っている)。数年前、ママ友との飲み会をしたとき、「はー恋がしたい」「夫とはセックスしてもキスはしない」「誇り高き嬢かよw」と、ゲストークが始まった。そこで「あは…

親の恋愛(浮気)は嫌かどうか

今日松田龍平と太田莉菜が離婚秒読みだという報道が出た。しかも奥さんのほうに新しい男ができて7歳の娘を姑に預けて出てったという。ふう。下世話な話で興奮する。彼女がどんな人か知らないが、画像を見ただけでも、コケティッシュで垢抜けてて、モテオーラ…

東京でマウンティングを知る

芦田愛菜ちゃんが女子学院に受かったそうな。中学受験を経験した夫はこういう話に目がないようで「愛菜ちゃんスゲー」と、興奮している。それをやや冷めた目で見る私。夫は昔から週刊ダイアモンドや毎日サンデーの「本当に強い大学」「東大進学率の高い高校…

ダブルバインド上司の対処法

再就職先(今の職場)で、私は直属の上司とうまくいかなかった。絶対的に「そりが合わない」という人間関係をこんなに体感したのは初めてだった。上司は、いつも私の書いた原稿やクライアントへのメールを、文字通り一言一句チェックをし、ダメ出しした。ダ…

個人ブログだからこそ、日常を垂れ流したい

ここは素人の個人ブログじゃないので、どうでもいい日常を書きたいと思う。私が、ブログに手を出した2001年頃、世の中には「今日はこんなレンタルビデオを借りた」とか「今日も会社の面接に落ちた」「ここのラーメンがうまかったとか」ほんとーにどうでもい…

ゲスの川谷くんはモテるにつきる

今日ひさびさに「ゲスの極み乙女」の「猟奇的なキスを私にして」を聞いた。川谷くんは、女心とダメ男の心理描写がうますぎる(とくに彼は、メンヘラの女心を書く才能に満ちている)。長渕剛、浜田省吾、福山雅治同様、女心を書くのがうまい男が、女にモテな…

ダメ親の子供の親離れは早い

最近、娘が私と距離を置いている気がした。私が会社からうちに帰っても目も合わせない。前まで「ママだー!」と、玄関までお迎えに来たのに。ただの親離れならいいけど、気のせいならいいけど、と思っていた矢先、夫から「娘ちゃんが最近、『ママは私のこと…

【日常】薬が嫌い。でも飲み続けるよ、ピルと睡眠導入剤。東京でサバイブするために。

生理がきた記念に、タイトルをフリースタイル風にしてみた。うれしい。未婚のころは、妊娠への不安から生理が来たと喜んでいたけど、セックスのない今は違う。生理前の腰痛、だるさ、膨満感、便秘、食欲に苦しむ。あと、確実に女子力が下がる。体臭もきつく…

【日常】酒を飲むと死にたくなる

昨日は、子供の習い事のママ友と飲み会だった。ママ友たちはとても常識的で知性的で私よりはるかに「ちゃんとしている」人たち(に見える)。私の底意地の悪さや劣等感の深さ、男好きさ加減、だらしなさ、喫煙者であること、精神薬を常用していることetcなど…

ブログを始めた理由

編集者兼ライターなのに文章力がない 私、編集者兼ライターなんです。7年ブランクで再就職したのですが、あまりの自分の文章力と表現力の乏しさに日々苦しんでいます。周りの同世代の社員に比べ、圧倒的にアウトプット力と表現力がないのです。読書や映画、…

【映画の感想】「ザ・ビーチ」(米・2000年)

“レオナルド・ディカプリオ主演のミステリアス・アドベンチャー。自由を求めて未開の地へ冒険する主人公を通し、現実感を喪失した現代のリアルな若者像を浮き彫りにしてゆく。ロバート・カーライル共演。監督に「トレインスポッティング」のダニー・ボイル。…

【ワイドショーネタ】江角マキコと正義

江角マキコ引退! 江角マキコが引退したらしい。 長嶋一茂の妻と確執があったとか。 江角のマネージャーが、 長嶋一茂宅の壁に「バカ息子」と落書きしたとかで話題になったとき、 私は「病んでる人なんだな」と、勝手に確信した。(事の真相はわからないけど…

【日常】dokidoki厄払い

厄払いにいってきた AM10時。地元の寺で贅沢な厄払いをしてきた。これまで私は厄払いといえば、西新井大師など超人気厄払いスポットまで足を運んできたが、そこではお堂には数百人寿司づめ状態。おまけにシステマチックなタイムスケジュールがあり、30分ごと…