読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kotobanoyukue

自分が何者か忘れぬように

親の恋愛(浮気)は嫌かどうか

今日松田龍平太田莉菜が離婚秒読みだという報道が出た。しかも奥さんのほうに新しい男ができて7歳の娘を姑に預けて出てったという。ふう。下世話な話で興奮する。彼女がどんな人か知らないが、画像を見ただけでも、コケティッシュで垢抜けてて、モテオーラ全開なことがわかる。ネットでは奥さんが叩かれていたが、こういう人が恋愛しなかったら、誰が恋愛するというのだろう。そういえば、森田剛宮沢りえが温泉で旅行をしてたという報道が出たときも、「子供はどうした!」と、宮沢りえだけが叩かれていた。お互い独身なのに。宮沢りえが男に抱かれなくて、あの美しさが維持できるわけない。実際のところ、本当に娘は傷ついているのだろうか。そもそも親が恋愛すると、子供はかわいそうなのだろうか。私は違うと思う。

私の父親はよく浮気していた。子供時代、そんな父を「けがらわしい!」とも、母を「かわいそう!」とも思わなかった。「どっちもどっちやろ」とだけ、思っていた。普段がいいお父さんだったら、憎んだり悲しんだりしたのだろうか。うちの親は夫婦仲が険悪だったし、お互いが歩み寄る努力が全く見えなかった。子供にも分かる。「お父さんとお母さんは努力が足りない、消化試合(私の育児が終わるまで)をこなすだけみたいな毎日。クソみたいな夫婦だな」と。お母さんはいつも不機嫌で、お父さんは外ではチヤホヤされるから、いつも外ばかり見ていた。私はそんな母がうっとうしく、父のことを尊敬できなかった。

私は両親が家族のために夫婦を再建する努力を見たことがない。子供の心を傷つけるのはまさにこれ。子供は「親の恋愛(浮気)」よりも、家族円満を成就する努力を放棄している姿を見せられると、本当に根深く傷つく。父が浮気したら、母には怒り狂ってほしかった。浮気がバレた父は、慌ててほしかった。ぶつかり合ってほしかった。できれば仲直りしてほしかった。再建は無理だと見こんだら即別れてほしかった。私に甘えて、露骨に夫婦仲が悪いところを見せないでほしかった。生き方を見せてほしい。私のせいにしないでほしい。(でも私も、この ‘親のせいにする’ 世界観からいつか抜け出さなければならない)

要は、親がきちんと子供に愛情をかけていたら、子供にとって「親の浮気や恋愛」「離婚」なぞ、たいした問題ではないのだ。だから太田莉奈や宮沢りえが「母親として落伍者」なのかどうかは子供にしかわからない。ただm芸能界ウォッチャーの私がいうのもなんだが、外野がぐだぐだ倫理観を押し付けるのは大きなお世話だと思う。

東京でマウンティングを知る

芦田愛菜ちゃんが女子学院に受かったそうな。中学受験を経験した夫はこういう話に目がないようで「愛菜ちゃんスゲー」と、興奮している。それをやや冷めた目で見る私。夫は昔から週刊ダイアモンドや毎日サンデーの「本当に強い大学」「東大進学率の高い高校」みたいな特集が大好きで、関西の田舎出身の私にはピンとこなかった。でも10年住んでみて、東京は、学歴話、住んでいる場所、家もち(土地持ち)か賃貸などマウンティングの要素にあふれていることをだんだん知った。そういえば、上京する前に東京の友達に「住むなら上野御徒町がいい」といってドン引きされたことことがある。この時も「???」という感じだった、そんな私は今、夫の仕事の都合でド都心に住んでいるが、シンママするなら墨田区京島あたりに住みたいと思っている。私の生まれ育ったところと雰囲気が似ているからだ。

 

東京都墨田区京島

f:id:kotobanoyukue:20170221011307p:plain

私の育った田舎は、勉強できる子は公立のTOP高に進み、地元の国立大がエリートコース。それ以外はマイルドヤンキーとしてまったり生きているイメージ。たまに地元に帰ってだんじり祭りなどを見ると、中学でヤンキーだった男の子が、いまだ金髪。おそろいの法被をきた息子らしき男児と「そーりゃー!」と掛け声をあげている姿を見ていると、ここは時が止まっているのかと思う。東京とは時間の流れるスピードが確実に違う。かくいう私は高校中退。ガソスタで油まみれになって働きながら、一浪して関西の私大のどこかに滑り込んだ。

そんな環境で育った私は「誰がどこ出身」なんて気に留めたこともなかった。西成とか芦屋ぐらいにパンチの利いた土地名なら多少「おおっ」と思うくらい。

でも私は今どっぷりマウンティングのるつぼ東京に生きている。自分が気にしてなくても周りが「○○さん家が○○○なの?」「ご主人は経営者だから一生安泰ですね!」「なんでお勤めしてるんですか?小遣い稼ぎですか?」なんて聞かれるもの(マジ)。自分の人間性以外のところに人が異様に関心を示すことが新鮮であり、私はそのうち、みっともないことに「少し豊かな自分」を演出する癖もついた。我が家の世帯年収二馬力で1000万も満たない。誤解を恐れずに言えば少なすぎる。都心では、決して豊かな生活はできない。人並みのことをしているつもりでお金を使うと、家計はこげつく。貯金もないし、夫の経営もうまくいってない。私はこれまで、「夫から金もらってへん!」と、周りの人に冗談半分でカミングアウトしてきたが、その場の雰囲気がざわつくだけで(関西で同じセリフをいうと爆笑)、何の得もしないことも知った。だから私も今日も働く。働いて金を稼ぐ。娘にはJGが無理でも中学から跡見や大妻くらい入って、人並み(都心レベルでの)の豊かさを享受するリア充になってほしいからだ。余計なコンプレックスはいらない、ただただ空気を吸うように東京を楽しみ、一点の曇りもないシティガールに育ってほしい。コンプレックスと自己愛いったりきたりで面倒臭い人間の私のような人間にはなってほしくない。多少のレールに乗せてあげて、そこそこ良い友達に恵まれたら、多少のトラブルがはあっても、それなりにするするっと生きてくれるんじゃなうかと思う。

ダブルバインド上司の対処法

再就職先(今の職場)で、私は直属の上司とうまくいかなかった。絶対的に「そりが合わない」という人間関係をこんなに体感したのは初めてだった。上司は、いつも私の書いた原稿やクライアントへのメールを、文字通り一言一句チェックをし、ダメ出しした。ダメ出しは新人なので仕方あるまい(若くないのが痛いけど)。私は心から「私の考えが至らないのだ」と、真剣に反省していたが、ダメ出し&監視をされ続けてどんどん心が病んでいった。なぜなら、彼女は一切、ケツを拭かないからだ。おまえは「無責任に上から目線で底辺女性に説教する年収2千万円の医者の嫁(@発言小町)か!」とつっこみたくなるほどだった。つねに他人事感100%なのだ。彼女はダメ出しの最後にいつも「~と、いろいろ言ったけど、最後はあなたが決めることだからね」と付け加えた。この言葉は一見、いい言葉風で全然違う。相手に逃げ道を作らないのだ。彼女の言うとおりにすると「主体性がない」と責められ、自分の思うようにやると、あらゆる方向からダメ出しを食らうからた。

私は、言葉通りに意味を受け取りとりすぎるところもあるので、微妙なニュアンスを汲む能力に欠けていたのかもしれない。でも、ただただつらく、仕事をまったく楽しいと思わなかった。悔しいが、彼女の語彙力や文章力は私よりもはるかに高い。私がどんなに時間をかけて文章を作っても、彼女から見ると欠陥だらけで稚拙に見えたのだろう。私はいつの間にか「主体性がないと思われる悔しさ」と「さらなるダメ出しを食らうつらさ」を天秤にかけて、常に前者を選ぶようになった。原稿のクオリティもそっちのほうが上がるだろうし、どっちにしろバカだと思われていることに変わりはなかったから。工数の削減にもなるしね(笑)。

私は憂鬱な気持ちで働きながら、毎日、なぜ彼女と仕事をするのがなぜつらいかを考えた。私のメンター(笑)グーグル先生にも「上司 合わない」「上司 付き合い方」「上司 細かい」など教えを乞うた。そこで至った結論。私の置かれた状況は「ダブルバインド」なのだ。だから苦しかったのだと。

ダブルバインドDouble bind)とは、ある人が、メッセージメタメッセージが矛盾するコミュニケーション状況におかれること。

  1. 2人以上の人間の間で
  2. 繰り返し経験され
  3. 最初に否定的な命令=メッセージが出され
  4. 次にそれとは矛盾する第二の否定的な命令=メタメッセージが、異なる水準で出される
  5. そして第三の命令はその矛盾する事態から逃げ出してはならないというものであり
  6. ついにこのような矛盾した形世界が成立しているとして全体をみるようになる

という状態をいう。

たとえば、親が子供に「おいで」と(言語的に)言っておきながら、いざ子供が近寄ってくると逆にどんと突き飛ばしてしまう(非言語的であり、最初の命令とは階層が異なるため、矛盾をそれと気がつきにくい)。呼ばれてそれを無視すると怒られ、近寄っていっても拒絶される。子は次第にその矛盾から逃げられなくなり疑心暗鬼となり、家庭外に出てもそのような世界であると認識し別の他人に対しても同じように接してしまうようになる。

Wikiより)

で、ダブルバインドの状況に置かれた人はこうなるらしい。

  • 言葉に表されていない意味にばかり偏執する(妄想型)
  • 言葉の文字通りの意味にしか反応しなくなる(破瓜型)
  • コミュニケーションそのものから逃避する(緊張型)

上の精神状態、私全部当てはまってるやん。

彼女は常に「あなたのことは信頼できない・あなたは阿呆である(態度・ふるまい)」とセットで「あなたのやりたいようにやれ(口語による)」とメッセージを私に投げ続けた。次第に私は彼女の前では、どもりが激しくなり(そもそもどもりがちではある)、コミュニケーション自体を避けるようになった、物理的に近づくだけで体が強張った。

でも、そんな彼女も私にメールで優しく励ましてくれるときがあった。私は素直に喜んでいたのだが、優しいモードと怖いモード(通常モード)の文体があまりに違うので、なんかおかしいなと思っていたとき、あることに気づいた。彼女がやさしいメールをくれるときは、いつも部長のアドレスがCCで入っている時だった。いつも私のみTOでメールをくれるときは事務的な口調(もしくは返信なし。「了解です!」とかもなし。)なのに、部長がCCに入ると「○○さん、困ったときは相談してね!ガンバロウ!」とか、砕けた口調になるのだ。私はこれに気づいた時は愕然とした。「こんな三文ドラマみたいなことは現実にあるまい」と夫に相談したら「そんなやつ、いっぱいいるよ。○○ちゃんは今までお目出度く生きてこれて良かったね」といわれた。いやいやいやいや!!!でも、彼女はもらい物のお菓子を回すときは、なぜか私を飛ばすし、周りに人がいないときはあいさつも返さない(マジでガン無視)。

今となっては、私がまさに↓の状況に陥っていてのか(被害妄想)、

  • 言葉に表されていない意味にばかり偏執する(妄想型)

それとも鈍すぎて上司の邪悪さに気づくのが遅かったのかわからない。でも、まぁどっちでもいいかなと思っている。それは私は自分で決断を下したからだ。部長に直接「あの人といると、息が詰まるので教育係を外してください」とお願いしたのだ。再就職して1年たった頃のことだった。自分の評価に悪影響を及ぼすと思ったが、このままでは私はもたないと感じたからだ。そしたら、アッサリと教育係を外され、席も彼女と一番遠い席に変わった。そして今はどうか? めっちゃ快適です! ダブルバインドの上司で苦しんでいる人がいたら、ぜひ戦わないでほしい。それは意味のない“プレイ”だから。相手も変わらないのだから、自分の意志で環境を変えたほうが数万倍楽です(断言)!!!

 

個人ブログだからこそ、日常を垂れ流したい

ここは素人の個人ブログじゃないので、どうでもいい日常を書きたいと思う。私が、ブログに手を出した2001年頃、世の中には「今日はこんなレンタルビデオを借りた」とか「今日も会社の面接に落ちた」「ここのラーメンがうまかったとか」ほんとーにどうでもいい内容のブログにあふれていた。でも、今のように暇が潰せるまとめサイトがなかったから、そんなのでも読んでたんですよね。コメント残したりして、売れない地下アイドルを応援しているような気分。バンドマンのポエムブログとか、中年オヤジの転職活動ブログとか、顔出し美少女のメンヘルブログとか。今は身バレ炎上の危機もあるから、日常垂れ流しブログって減りましたよね。昔は、匿名で日常を垂れ流しているだけで、一定のアクセスが得られた時代だったと思います。10行程度のなんてことない日常生活を綴るだけの文章。文章力はなくても、そこには嘘がない。だからこそ、人の生活をのぞき見するような感覚がとても新鮮だった。今は匿名でブログするなら「人の教えて欲求」を満たすようなロジカルな文章ではないと、本当に埋もれてしまいますもんね。日常はSNSで流せばいいし。でも私はブログで日常を垂れ流します。

今日は、多動な私には珍しく何にもしない1日だった。子供と夫が姑の家に泊まりにいっていたので、嘘みたいにだらだら過ごせた。13時に起床。魚肉ソーセージを食べる。洗濯機を回す。冷凍の明太子パスタを食べながら「新婚さんいらっしゃい!」を見る。番組に出演していた女医が「私の人生設計は、28歳で結婚して29歳で子供を産むこと。だから夫には、結婚する気がないならすぐに別れて!と言ったんです」と、言っている。「あほらし。でも非モテは、考え方が合理的ですごい。私が男なら、こんな考え方の嫁にチンコが勃たんわ」と、心の中で毒づく。食後にコーヒーを沸かして一服。ベランダで洗濯物を干す。天気はいいのに、遠くに見える東京タワーがくすんで見える。次はフジテレビの「ザ・ノンフィクション」を見る。「しっくりくる生き方」を求める性同一性障害の38歳の底辺男性の話。借金450万円を抱えながら。38歳にして地下アイドルを目指しているという。笑顔がとてもきれいな人だった。なんというか、きれいな水でしか生きられない天然鮎とかヤマメみたいな人。何度も自殺未遂をしている。ニューハーフヘルスで面接をしたり、ショーパブで給仕をしたり、生きることに試行錯誤している姿が自分とかぶった。「しっくりくる生き方」なんて目指しているから苦しいんだ。でもわかるよ。「生き方」に執着する人生は、足元すくわれる。でも愚直に生きてたらそのうちいいこともあるさ。PCを立ち上げる。Youtubeで、鎮座dopenessの超絶フロー集をかけながら、昨日作った鍋の残りのだしで雑炊を作る。ネギを刻んで豚バラをぶちこむ。鍋ごとすすりながら、abemaTVで「ストリートダンスNo.1決定戦」を見る。カッコイイ!すぐに感化され、近所に30代からでも始められそうなダンス教室を探す。この時点で19時。そろそろ娘を迎えにいかねば。私の休日おしまい。

ゲスの川谷くんはモテるにつきる

今日ひさびさに「ゲスの極み乙女」の「猟奇的なキスを私にして」を聞いた。川谷くんは、女心とダメ男の心理描写がうますぎる(とくに彼は、メンヘラの女心を書く才能に満ちている)。長渕剛浜田省吾福山雅治同様、女心を書くのがうまい男が、女にモテないわけがない! まして、ベッキーみたいな「世間を欺いているなんちゃって優等生」なんてイチコロでしょう。そもそもこの二人、恋愛偏差値にも圧倒的な差がありますから。主観ですが、ベッキーは、蒼井優の百分の一もモテないでしょうね。

小中学校から思春期にかけて恋愛強者だった人間の「恋愛におけるアドバンテージ」は圧倒的なものがあると思います。弱者側の人間が、社会人から取り返そうと思ってもなかなか難しい。おそらく川谷くんはずーーーーっとモテてきたでしょうね。きっと14歳くらいに童貞捨ててます。近所の謎めいた美人未亡人に「ここのバラは毎年きれいに咲きますね」なんて、声をかけ、そのまま童貞奪われた、そんな感じじゃないでしょうか。社会人から名刺の力でモテてる人、学生からモテてきた(恋愛経験豊富)の人は、放っているオーラが全然違います。近年、年収が低い男は結婚できないとよくいいますが、私の周りでは恋愛強者だった男は、金はなくとも結婚してますし、結婚してなくとも、まず女には困ってませんね。今でも魅力的です。思春期に恋愛コンプレックスでねじれていないから、自己肯定感が高く、それが余裕に繋がっているのだと思います。ゲス不倫の話に戻します。

昨年は、ベッキーと「ゲスの極み乙女」の川谷さんが不倫騒動で大賑わいでした。私ももれなく既女らしく、スマホでふたりの記事を逐一チェックしてました。あんなバカップル炸裂の生々しいLINEなんてそうそう見れないですもの。社内不倫を見つけてしまった勘のいいベテラン女性社員のような楽しさがありました。あのLINE流出は、個人的にはセックス動画流出より恥、かつ、人を興奮させます。たとえば、私と夫のセックス動画があっても、あけすけかつ、ライオンの交尾シーンくらいさっぱりしていますから誰も興奮しないと思います。

 

流出LINEの一部。「せーの」からの「おやすみ」は、グッとくる。

f:id:kotobanoyukue:20170211233317j:plain

  

要は何が言いたいかというと、川谷くんは、世間にはボロカス言われてましたけど、私は全然嫌いになれませんでした。まーこれくらい肉食系かつ恋愛に夢中にならないい曲なんて書けんわなー、世間はうるさいのうと。ゴシップ的にはオモロイけど、別にかまわんやろと。日本の宝、大谷君を女子アナから守りたいんやったら、おんなじように、川谷にも自由に恋愛させたれやって話(理屈は同じなはず)。基本的には、アーティスト(ミュージシャン、役者、作家etc)には、悪いこともいいこともどんどん経験してインスピレーションを得てほしい。そしてその才能で、凡愚な私をガンガン楽しませてほしいです(ゴシップ的な意味ではなく)。

 

 

 

ダメ親の子供の親離れは早い

最近、娘が私と距離を置いている気がした。私が会社からうちに帰っても目も合わせない。前まで「ママだー!」と、玄関までお迎えに来たのに。ただの親離れならいいけど、気のせいならいいけど、と思っていた矢先、夫から「娘ちゃんが最近、『ママは私のこと嫌いなんだー』と言ってるよ。本人にはナイショだよ。問い詰めないでね。」と言われた。

 

ガーーーん。

ショック。

 

私が娘が嫌い!なわけないやろ!確かに家事はしない、飯も週末しか作らない、家に帰ってもスマホ依存で子供と会話もしない、余った時間と金は、美容とYouTube鑑賞と自己実現投資につっこむ。怪しい占い屋にはぼられる。既婚者子持ちなのに男好きでフラフラする。こんな母親だけど、だけど、娘が好きなんだ!!

 

そして、その話を聞いて即娘に問い詰める私。ママのこと嫌いなの?ママのことずっと好き!なんじゃないの?二人で生きて行くんじゃないの?って。毒親丸出し。。自覚があるから自分の言葉に、自分の心がグサグサ刺さる。娘はめんどくさそうに「そーゆーの飽きたから」と返してきた。ぅわー。大人になってるー涙。

 

我が子がADHDでどうしようって、サイトはよく見る。でも大人のADHDが、どう育児するか書いている本はぐっと減る。やはりストラテラコンサータ飲まないといけないんだろうか。心が薬で凪のような状態になるのか。穏やかになれば刺激を求めなくなるのか。娘のオチのない話、飽きずにちゃんと聞けるかな。

【日常】薬が嫌い。でも飲み続けるよ、ピルと睡眠導入剤。東京でサバイブするために。

生理がきた記念に、タイトルをフリースタイル風にしてみた。うれしい。未婚のころは、妊娠への不安から生理が来たと喜んでいたけど、セックスのない今は違う。生理前の腰痛、だるさ、膨満感、便秘、食欲に苦しむ。あと、確実に女子力が下がる。体臭もきつくなる。顔もむくむ。化粧のりも悪い。おなかが張ってウエストが苦しくなるので、体の線が出る服を着なくなる。性格もいつにも増して好戦的かつ、落ち込みやすくなる。そして一番最悪の症状が「高まる性欲」。体型崩れているのに、肉体はまだまだ現役の女で反吐が出る。生理が来てPMSから解き放たれる安堵感。排尿後、ティッシュに生理のしるしを見つけると、心の中でガッツポーズをする。

 

ここ数年、あまりにPMSがひどいので、婦人科にも何度も通った。月に半分くらい、上記の症状に付き合うのが限界だった。ピルを拒否していた私は、代表的な婦人系漢方薬である「加味逍遥散」「当帰芍薬散」などを試した。しかし、1日3回服薬のハードルの高さに挫折した。正しく続けていないので効用も謎だったが、だらしない私には続けられないことが分かった。

 

そしてついに私はピルに手を出した。最初に飲んだのは「マーベロン」。最初のピルの服薬のタイミングは生理1日目なのだが、私はその後出血が3週間とまらなかった。結局28錠飲みきった後、医者に相談し、2か月目は「トリキュラー」に変えてもらった。

 

結果、PMSの症状はなくなった(なんと性欲も!)。ただ、チャンピックス(禁煙治療薬)服薬していた時期に感じていたような、脳の鈍さがあった。チャンピックスって脳みそをいじくる薬だから結構やばいんですよ。副作用に「鬱」があるので、アメリカでは自殺者も出るという。ピルの場合は、言葉でうまく言えないけど、無理くり脳下垂体をいじくってホルモンを分泌させているせいか、自分がロボトミー手術されたような違和感があった。そしてはっきりわかる自覚症状は頭痛だった。そもそも喫煙者である私はピルの副作用である「血栓」が怖いのもあり、結局トータル3カ月で辞めてしまった。

 

この20円の占いチョコのような外見は確実に体に悪そうだ。

f:id:kotobanoyukue:20170204213018p:plain

そもそも私は薬が嫌いなのだ。医者も病院も嫌い。こいつらすぐ薬を飲まそうとするから。「薬ありきじゃなくて、『JIN』の南方仁のように患者を診ろや!」と思う。とはいえ、私は睡眠導入剤は常用している。それも、ずいぶん葛藤があった。でも眠らないと育児に支障が出るので、やむなく手を出したのがきっかけだった。

 

おそらく私の「薬嫌い」の背景は、両親の影響が色濃く出ているからだと考える。私はバリバリ左寄りの無農薬農業従事者を父に持つ。鍼灸師でもある父は、西洋医学を完全否定するので、私は子供頃、水ぼうそうと中耳炎以外でほとんど病院にいった記憶がない。母は地元で「子供のために地球を守る会(仮名)」という謎の団体を立ち上げ、夜な夜な「まだまだアジり足りなかった」ような現役教職員や問題意識の強い主婦などと口角泡飛ばして熱い議論をしていた。朝は青汁を飲ませれ、ごはんは玄米。レトルトお惣菜、ジャンクフード一切否定された。 

 

まぁ要は私は、生粋のアンチケミカル界エリート家庭で育ったので、「薬=悪」に刷り込みがあるのだと考える。私もほんとうはこんなものを飲みたくないのだ。でも、またピルも飲み始めるだろう。パソコン作業にPMSは本当に邪魔だから。睡眠導入剤も安定剤もやめない。仕事をやめない限り、常にストレスフルで減薬するタイミングなんてないから。東京で丸腰でサバイブするためには、薬は絶対必要。だから私は「こんなもの」と思いながら、今日も薬を飲む。