Kotobanoyukue

自分が何者か忘れぬように

離婚しない理由2

再び離婚の話になるのだが、離婚を考えた時、結論は「無理」だった。

「いつか離婚をするかも」という思いは結婚まもなくからあった。その思いは、時には私を慰め、時には私を鼓舞させ、時には私をハード―ワーカーにした。そっと私に寄り添う永遠のプラトニックな恋人のようなものだった。そして私の心のよりどころでもあった。

でも、いざ「マジで離婚するかも」となった時、そんな恋人はいないことがわかった。生きているだけで儲けもののような私の存在。住む家もある仕事もある、子どももいる。そして私は子どもを自立させるという最大の人生のミッションがある。ここはブレられないから、泣きながら毎日試合に出るしかないのである。会社では使えないアラフォーおばさん、家庭では仕事をしない夫に悩み、一方子どもはそんなことおかまいなしに成長する。家庭を築くこと、子供をもつことがこんな大変なことだと知らなかった。賢い人は結婚する前からわかっているんだろうど、頭が悪すぎる自分は気づけなかった。

私が離婚問題で悩んでいた時「母と子くらいなんとか生きて行けるさ」とアドバイスしてくれた人もいる。うん、生きてはいける。でも生物学的に生きるだけでは、娘は生きる力を養えない。私みたいな超自分勝手で母性も乏しい人間が、母子家庭になんぞなったら、娘は早々にひねくれるだろう。今話題の牛乳石鹸CMの旦那役の姿と、自分の姿がかぶる。あれはまさに私だ。大人になりきれない、夢もあきらめきれない。家族も疎ましい、仕事も本気になれない、一人で生きる勇気もない、どこにも正面切って向き合えない、常に逃げ場を探す弱虫な大人。自分が守られている存在だということにも気づけない愚かな人間。

 不幸な人間は、えてして過去を振り返る。原因探しの海に飛び込み、答えにならない答えを探す。家庭を顧みない活動家であった私の両親は、私が17歳の時に離婚した(というか知らない間に離婚していた)。しかし、当時の自分はそんなことで気を病まなかった。家庭環境に問題のある友人たちとつるみ、人生を楽しんでいた。恋人も作り、メンヘラ―でもなかったし、生きる力に満ち満ちていた。

でも結婚生活で行き詰った。帰る実家もない。両親は、結婚生活で失敗した私に手を広げるような人間ではない。問題がないときはそれで良くても、問題が起こると、機能不全家庭の脆さがあらわになる。

母に夫のことで泣きついたとき、母は「だからやめとけといったのに」といった。「お母さん疲れているから電話切るね」とも。両親の不仲とドライさがボディブローのようにあとから効いてきた。若いときのように、心の隙間を埋めてくれる恋人もいない、親はシェルターにはならない。

そして今思う。私は今あるもち駒で戦うしかないのだと。牛乳石鹸の男から卒業する。足るを知る人間になって、現実と向き合うしかないのだ。

そして成人した娘が、私のように人生に躓いた時、私自身が彼女のシェルターのような存在になっていたいのだ。

 

離婚しない理由

最近夫との離婚を真剣に考えた。現実的に考えれば考えるほど、離婚はハードモードだ。私1人ならしょぼい手取りでも生きて行ける。ネックはやはり子供だ。 


娘にはイージーモードの人生を歩んで欲しい。それには子供から思春期にかけてしっかりと自己肯定感を養い、矛盾だらけの世の中をグラウンディングして生きる力をつけることが必要不可欠だと思う。それには金と両親からの愛はマストだと考える。1人になった私はどちらも娘に十分に与える自信はない。


100パーセント親のせいにはしないけど、私は世の中をグラウンディングの力がない。矛盾へのスルー力も欠けている。へとへとになりながら失点のないように取り繕いなんとかギリギリ、普通の顔をして生きている。


テレビで甲子園をみてると、自分の母校の勝利を信じて声を上げている学生がいる。私の思春期にはない姿。そしてかつて自分が一番みっともないと思ってた姿。学校や教師に歯向い、素行不良で皮肉ばかりいってたさえない青春時代を思い出す。グループに属している人間は、個性のない人間たちのダサい傷の舐め合いに見えた。そして今の私はどうか?幸せではない。しかし、自分のこれまでの愚かさや傲慢を恥じている反面、ビッグダディ的思想「俺は俺だ」のこだわりからも抜けられない。


娘には甲子園で声を張り上げる側の世界の人になってほしい。自分の属性に自然と愛着や誇りを持てる人間に。私はそれができなかった。生まれた故郷も嫌い、愛校心もない、コミュ力もない、頭の回転も悪い。そして世の中を皮肉る癖も毒舌もいまだやめられない。この自分の思考回路が不幸の元凶だと気付きながらも。




メンヘラ―と被害者意識

私にはメンタルの弱い友人がいる。家庭環境が悪く、うまくレールに乗れずにガタガタになっている。家族と関係性が悪いのに、職やメンタルが安定しないので実家を出ていくことができない。そんな彼女は、転々とした職場すべてで、必ずハプニングやドラマを起こす。パワハラ、セクハラ、いじめ、ブラックな労働環境・・・。恋愛トラブルも多い。

初めて彼女の話を聞く人は、その不幸エピソード満載から彼女を気の毒に思うが、「人生を狂わすような頭のおかしい人ってそんなにいるか?」と、私はいつも思っている。

おそらく彼女は思考のベースが“被害者意識”から始まっている。彼女の中で起こっていることはもこうだ。


【彼女の普遍的なドラマ】
------------------------------------------------------------
☆人の些細な言動に動揺
(自己肯定感の高い人は受け流す)

自分が悪いと思い込む
(自己肯定感の高い人は客観的に問題を捉えようと努める)

人からナメられる・大切にされない
(自己肯定感の高い人は、適宜自己主張をするのでナメられない)

我慢する
(自己肯定感の高い人は、適宜自己主張をするので我慢しすぎない)

爆発する(暴力・バックレ等)
(自己肯定感の高い人はしない)

周りの人が全員「悪」になっている
------------------------------------------------------------

たぶん☆の部分から不幸の序章。脳の受信機が壊れているから、発信することもメチャメチャになる。私も人のことならこういう風にばっさり言えるけど、実は私と彼女は似ている。

家庭環境、子どもの頃の過ごし方ってすごく大きい。私は自分に娘にこうはなってほしくはない。

でも私は今、自分の家庭環境がめちゃくちゃなので、状況を再確認するために、友人のことを分析してみた。

鬱です。真っ最中です。

眠れないので放置気味のブログをスマホで書く。この1ヶ月鬱で抗うつ剤を飲みながら仕事をしている。本当は抗うつ剤なんて飲みたくないが、昔からの友人からのアラートを受け、服薬しながら今に至る。

 

鬱の原因はいつだって複合的だけど、きっかけは夫とのトラブル。夫はアルコール依存症の治療中なのだが、また酒を飲み始め、金をくすね始めた。怒り心頭でも、容赦なく朝は来て、日常生活を維持しなければならない。自分と娘の日常生活を営むだけでもギリギリガールズなのに、他人の病気(夫の依存症)には構えない、でも構わなきゃいけない、頼む、勝手に治ってくれ、私は忙しいんだわ、依存症の家族会なんか行ってる暇なないんだわ、このハゲー、とわめいても、意味がないのが依存症だ。家族の根気強い支えが最大の治療ですもの。

 

次に娘が塾とピアノを始めたことで、私の文京区仕込みのお受験期以来のヒステリック教育ママぶりが再燃。仕事と夫のことだけで精神疲労マックスなのに、この二つの習い事の進捗をチェックするタスクが増えたこと。そして仕事で、失敗できない案件を任されたこと。とは言っても名ばかりディレクターをし、私のヘタレぶりからチームからは信用を得られず、上司からはダメ出しをくらい自信を喪失。そのストレスで毎日食べることに逃げ、アラフォーなのに黄ニキビができた。また太って服が似合わない。これは地味にしんどい。

 

私はクリエイティブなんとかみたいな部署にいるけれど、椅子に座りっぱなしで、“てにをは”をカチャカチャいじくりながら、延々と文を書く仕事。本当はもっと動きたい、ライティングの仕事に適正がない気がする。とりとめがないけど、自分への備忘録として。

セックスレスな妻の性欲の扱い方

タイトルだけ見ると素人のおっさんが書いたエロ体験談みたいなんだけど、真面目にセックスレスの話がしたい。

 

私たち夫婦はセックスレスだ。うちの場合、夫が、私からの誘いを3回ほど断った。そのことでまだ20代の私が心が折れた。私は女であること、モテていたこと、そして若さに依存していたタイプだったので、男性の性の対象にならないことを受け入れられなかった。セックスをしない私になんの価値があるのかわからなかった。また、産後で体型が崩れたコンプレックスもあり、事態をこじらせた。その後、私が泣いて訴えたり、カウンセリングを受けたり、旅行に出かけたりしたが、解消することはなく、オリンピックを2度終えたw

 

そのうち、夫が加齢臭を放って、醜くなってきたので、夫とセックスすることに関心がなくなり、今に至る。でも、私は男に関心がなくなったわけではない。男の人を見たら「この人はこんなチン○なんだろな」と、処女を失った頃から、今でも想像する。脳内は、あふれちゃう、淫らな人妻OL、エンドレス欲情 なのです。そういえば、性技に長けた出張ホストをネット夜な夜な探し、好みのホストがいるサイトをブクマしてた時期もありました。

 

おそろしいことに女性の性欲は40代にピークなのだとか。今は酔っ払ったときにバーであった知らない人にしなだれかかるくらいの失態で止まっているけど、40代になったセカンドバージンの私、どうしているんだろう。

 

日本人は40パーセントくらいセックスレスっていうけど、私みたいに性欲が高くてプライドが高くて臆病者の女性はどう乗り超えているんだろう。巷の大人女子は、マイ性玩具で、スカッとセルフコントロールしているのかしら?

 

自己処理できないプライド、己の性への嫌悪感(長年のセックスレスをこじらせてるか結果。昔はカレシと定期的にセックスする健康的な女子だった)。一方で、真夜中にエロ本買いに、自転車を全力疾走する男子中学生並みの性欲。苦しい苦しいよぅ。

 

早く年をとりたい。40.50代、更年期すっ飛ばして、生理も性欲もいらないばあさんになりたい。ほうれい線が消える舌トレとか、むなしい努力もしたくない。シルク姉さんみたいにしがみつきたくない。これから迎える性欲のピークを控え、対策を練らないとです。

 

 

多忙なので頭の整理をしてみた

仕事が忙しくて、できていないことをまとめてみた。実は、月曜までに出す企画書が白紙。テスト勉強のときに部屋の掃除をする感覚で、脳の中で保留になっている事柄を洗い出してみた。あげてみると自分の俗物さ加減に呆れる。

 

ADHDの治療

医者にADHDの新薬を勧められるも、薬に依存したくない思いと、高額な薬価代(月1万6000円)から断念。自立支援精度の利用も提案されたが、会社バレが怖くて断念。ずるずる睡眠薬精神安定剤を服用。睡眠薬は深夜の脳内暴走(ポエムLINEを昔の友人に送ったり、アマゾンで読みもしない本を大量買いしたり、いらんことをするので)シャットダウンするために必要。精神安定剤は仕事中に使用。忙しくて何から手をつけたらいいのかわからないときや害妄(私は無能だ、死のう的な)にとらわれたときに飲む。

〇アイコスの使用

どうせ禁煙するからアイコスに切り替えるのがもったいないと思い続け1年。タールの煙が顔にかかるのが嫌。服も臭くなる。

〇全身脱毛

全身脱毛「キレイモ」の契約に心が傾きながらも、マストな箇所は脱毛済みだし、踏み切れない。フェイスラインとか、地味に指毛も脱毛したい。

ヒアルロン酸の注射

結構本気で検討しているけど、安いクリニックではしたくない、効果がなかったら惜しい、という葛藤で踏み切れない。

〇デザインの勉強

Macは先月ゲット。adobeをソフトで買うか定額利用にするか悩みつつ、仕事が忙しいのを理由に遠ざけている。結局今もイラレもフォトショも使えない、もちろんコードもかけない糞ディレクターのまんま。

〇子供の食事

平日夜は外食か惣菜ばかり。申し訳ないと思っている。朝に下ごしらえすればいいのだが、自分の髪を巻くことに時間を割いてしまう。

〇仕事に対するビジョン

これもブレブレ。紙もWebも動画もディレクションできるようになりたいのに、どれも中途半端。転職しにくい人材になっている。危機感はあるが、忙しいを理由に(略)。

〇食生活

朝の生ニンジンリンゴレモンジュース習慣死守したい、今は週に半分しか飲めていない。昼は外食、夜は惣菜に缶ビールなので、せめて朝だけは野菜を取りたい。

〇瞑想

忙しいを理由に(略)

〇運動

スクワット毎日50は死守してるけど、全然走れてない…!体力をつけないと、ここ一番の踏ん張りがきかないので、体力をもっとつける。今年中に、適当にマラソン申し込もう。10キロコース。

 

まぁこんなかんじ。問題を書きつらねただけでも気分が少し良くなった、明日は多少すっきりした頭で仕事できるかな。明日は終日課金制カフェにおこもりする予定。開店から行きます。何時間いてもMAX3000円。Macbookじゃないからドヤできないけど。さて、明日はめちゃくちゃイケてる企画書書くぞ――――!!!おやすみない。

経産婦と少女性への憧れ

小林聡美という女優。最近abama無料再放送ドラマ「パンとスープとネコ日和」で知った。個性的でいい女優だと思った。それまで三谷幸喜の元妻でパンのCMに出ているおばさんという認識でしかなかった。ついでにいうと三谷幸喜にもまったく関心がなかった。いつまでも少年性をウリにしたぶりっ子のおっさんくらいの認識。しかもむちゃくちゃ年下の女性と再婚したことを知り、私の中でさらにキモさに磨きがかかった印象。極度に年下と結婚する男って、同世代のまともな女性とは、怖くて付き合えないんだろうなと思っている。私の夫もかなり年上だが、分別のある同世代の女性には到底相手にしてもらえなかったタイプの人間であった。(今思えばね)

小林聡美から感じる少女性

小林聡美は子供をもたなかった女性特有の色気に溢れている。昔テレビ番組かラジオか忘れたが、ナイナイの岡村隆史が「妊婦が外を歩ける神経が分からない。『私中出ししました!』って宣伝しているようなもんやん」というニュアンスの発言をしていた。今なら社会的に抹殺されている発言だと思う。私もこの発言には心底嫌悪感、でも1ミリくらいわかる部分がある。中出しはともかく「子どもを持たぬ」人は、良くも悪くもと生臭ささがくなく無機質。だからこそいつまでも少女らしさを保てているような気がする。ガッツリ生活しているのに生活感がないのだ。自分でパンを焼き、テラスで野菜を育て、好きな陶器にオーガニック料理を盛り付けて、自分のためにワインを開ける。ハンドメイドのポストカードで、昔の友人にクリスマスカードを送る。部屋におもちゃボックスもお絵かきボードも、男が脱ぎ捨てた靴下もないので、部屋の中も洗練されている。ドラマの中の小林聡美しか知らないけど、地でもこんな感じだろう。「独身女性のこういう生き方全然ありやん、素敵」と思わせる。私が独身なら東京タラレバ娘の下位バージョンみたいな生活だろうけど

自然出産の私が感じる帝王切開女性への憧れ

私は自然分娩を経験している。当時、意識低い妊婦だったので、食べ過ぎで70キロ手前までいき、しかも胎児も4000gオーバーで、ばっちり難産だった。病院の産科チームのほぼ全員が私の出産に立ち会った。おぼろげに記憶にあるが、学生らしき人も入れ替わり私の出産をサポートしていた。陣痛初期で余裕があった私は「若いっていいね!みんながんばってるね!」なんて、お姉さんぽく声をかけてけど、そのうち「はい!今や!もっと強く!(腰をさすれの意)」と、命令していた。そして本格的な陣痛が始まり、子宮口が全開になったとき、ザックザク会陰を切られた。それでも私の「いきみ」が弱いので、終盤は中世の拷問器具みたいな巨大トングをアソコにつっこまれ、赤子の頭をひっぱりだされた。シャーマンと化した私は「ほんまに死にます!助けてください!もう無理です!」と命乞いをしたが、チーム産科には「はいはい~がんばってね~」と、見事にスルーされていた。

そしてこの出産を契機に私はいぼ痔になった。肛門科にもいったが「痛くないなら切らないでよし」という診断で放置のまま。死んでもバックではセックスできないケツの穴になっている。もちろん妊娠線もばっちり残っている。会陰もたぶん縫い方が適当だったのか、触ったかんじ前とは確実に違う感触がある(怖いから自分で鏡で見ていない)。そうそう会陰って麻酔なしで縫うのよ、でも出産の痛み>>>>>>麻酔なしの縫合  の状態だから、レーザー脱毛程度しか痛みを感じないんだよね。子どもを産むってことは壮絶なのだ。こんなリアル中のリアルな体験したら、なかなか少女のままではいられなくなる。私は中二ではあるけれど、少女ではなくなったなと思っている、でも私の知っている帝王切開組の女子は、比較的女子力(少女性)を高いままキープしている人が多い。帝王切開は縫い目が残るし、痛みがつらいと聞くけれど、会陰がぐちゃぐちゃになっていない人が羨ましい。

まとまりがない文章だけど、小林聡美を見ていたら、なんだかこんなことが頭に受かんだ。あと、未婚の大島弓子山岸涼子も同じ少女性キープおばさんタイプだと思う。